火〜金曜
午前 9:00〜12:00
午後 15:00〜18:00
土曜
午前 9:00〜15:00
休診
月曜、日曜、祝日

交通アクセス

レーシック

レーシックとは

dd現在たくさんの人々が「眼鏡やコンタクトレンズを使わない快適な生活」を望んでいます。眼鏡やコンタクトレンズで不自由を感じてきていれば、おそらくレーシック(近視矯正術)について考え始めます。

レーシックは、近視、乱視および遠視治療ができる手術です。エキシマー・レーザー(エネルギーのレーザー)を使用して、目の表面から角膜組織を取り除き角膜のカーブを作り変える手術です。レーシックは角膜の表面の形を永久に変える方法です。そのため、専門の眼科医によって行われる必要があります。
どれくらいよく見えるかは、その角膜の形に左右されます。
近視の人は、角膜のカーブがきつすぎます。遠視の人は、角膜が水平すぎます。乱視の人は楕円形の角膜を持っています。

レーシック対象は、「近視」「遠視」「乱視」です。

正常な目
正常な目
目の主要な機能は光を集中させることです。目が適切に網膜上の光線を集めることができない場合、眼鏡またはコンタクトを必要とします。角膜は、目の前方に位置し、外からの光を取り入れます。虹彩は瞳孔の大きさを調節して、光の量を調節します。光線は、はっきり見るために網膜に正確に集めなければなりません。
近視
近視
目が角膜の屈曲に関して長すぎる場合、近視が生じます。近視の場合、近い像は離れた像よりはっきり見られます。
遠視
遠視
目が角膜の屈曲に関して短すぎる場合、遠視(遠目が利くこと)が生じます。遠視で、離れた像は像の近くでよりもはっきり見られます。
乱視
乱視
角膜が楕円形のように形作られる場合、乱視が生じます。目の中でひとつ以上の焦点ができると像が曲がって見えます。
老眼
40〜50歳代に達するとともに、老眼が生じます。目の内部のレンズは小さな印刷を読むことを困難になり、その弾力を失います。レーザー視力矯正があなたの目のレンズに対処しないので、それはこの問題を修正することができません。

ss

目の構造(前眼部)
眼球断面図
角膜
眼球の一番外側にある透明な膜です。光を眼球内に透過させると同時に、レンズのように光を屈折させる働きがあります。

結膜
白目(強膜)の表面とまぶた(眼瞼)の内側をおおっている薄い膜です。

水晶体
カメラのレンズにあたる部分でものを見るためのピントを合わせます。

虹彩・瞳孔
一般に黒目と呼ばれる部分の周辺部分が虹彩です。その中央の穴があいている分が瞳孔です。虹彩はカメラの絞りと同じように瞳孔を通って目の中に入ってくる光量を調節します。

毛様体
ピント合わせを行う水晶体の厚みを調節する筋肉です。

強膜
白目の部分で、角膜とつながっていますが透明ではなく白い色です。